キャロウェイ Xフォージドアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在使用のコブラプロCBも10年前のモデルになってしまい、古傷も絶えず、新しいアイアンを探しています。どうせなら同じ性格のアイアンが良いなぁということで、今回はキャロウェイのXフォージドアイアンを試打してみましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

Callaway キャロウェイ X FOGEDアイアン試打レビュー

カッコいいアイアンですねー。私好みです。

キャロウェイ Xフォージドアイアンの概要

キャロウェイ公式ホームページからXフォージドアイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.callawaygolf.jp/products/クラブ/アイアン/irons-2017-x-forged-18-jv.html

Xフォージド史上、最も打ちやすく、最も優れた打感へ
新しい「X FORGED アイアン」は、パフォーマンス、コントロール、抜けの良さ、鍛造製法(フォージド)から生まれる打感を高いレベルで融合しています。1ピースの軟鉄鍛造ヘッドで、ソフトな打感を実現するための肉厚設計。また、プロであってもやさしさが求められるいま、前作よりもやや大きめのヘッドとすることで、操作性はそのままに安心感もアップさせています。

ソフトかつシャープな打感
ソフトな打感を実現するための肉厚設計。
1ピース軟鉄(S20C)鍛造ヘッドで、シャープさを兼ね備えたフィーリング。

安心感と操作性を両立させたヘッドサイズ
前モデル(X FORGED 2013年モデル)に比べ、やや大きめなヘッドサイズを採用。
操作性はそのままに、打ちやすさを進化させたヘッド形状に。

抜けの良いソール形状
さらに抜けが良く、あらゆるライに対応しやすい形状に進化。
打ち込んでもひっかかりにくく、安心してボールを打ち抜けるソールに。

20Vグルーブの高いスピン性能
ウェッジに採用されている20Vグルーブを、アイアンで初めて搭載。
強烈なスピン性能を発揮し、ラフからのフライヤーも軽減してくれる。

キャロウェイ Xフォージド アイアン 飛距離と口コミ評価、試打レビュー

番手設定は3番20度、4番23度、5番26度、6番29度、7番33度、8番37度、9番36度、PW45度です。このロフト設定、なんか安心しますね。

試打クラブは7番33度、N.S.PRO950GHフレックスS、シャフト重量98g、トルク1.8、5番アイアンの重量が410gです。多分今使用しているプロCBと似たようなスペックです。

構えた感じはこんな感じ。

ややグース付き。丸く薄いトップラインが綺麗ですね。小顔でシャープ。100叩きの私が使っていいのでしょうか。

打感は最高。芯に当たればパシーン!と良い音を立てて高弾道で飛んで行きます。これはシャフトのおかげ。私にとってNS950が一番安心・安定のクラブ。

私はドライバーヘッドスピード42~43位の小柄非力ゴルファーなのでこのアイアンで飛距離は稼げません。

7番で156ヤードが目一杯でした。でも高弾道でややドロー狙い通りに打てました。

アスリートモデルなのでミスには若干シビアかも。芯を外してしまったら気持ち悪い打感が手に伝わってビリビリきます。これは中・上級者モデルの宿命ですね。でも飛距離はそんなにロスしません。昔の軟鉄鍛造よりはずいぶんやさしくなってますね。

初心者や私みたいな100叩きがこのアイアンを使って上を目指す!という意識高い系もありだとおもいます。私は意識は低いですが100叩きでもカッコいいアイアンが欲しいのです。男は黙って軟鉄鍛造1ピースです。

欲しいなぁ。モデルチェンジまだかな。去年でたアイアン。来年あたりチェンジ?入れ替え前の安売り狙いかなぁ。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓