ユピテル【ゴルフスイングトレーナー GSTシリーズ】で練習場が楽しくなる!

私はゴルフの練習場にいくときに、いつもユピテルのアトラス ゴルフスイングトレーナーGST-2というものを持って行ってます。
ただ漠然と打ってるとすぐ飽きちゃうんですね。
これ、ショットの飛距離の練習とか、仮想ゴルフコースを回ったりとかできるんで、練習場にいても飽きないんですよね。使い方は簡単。ボールのドライバー1本分後ろに置くだけです。

スポンサーリンク
レクタングル大

ユピテル ゴルフスイングトレーナーGSTシリーズの紹介

私が持っているのはこんなやつ。ちょっと古いです。

これでヘッドスピード、飛距離、ミート率、ボール初速を図ることができます。

今はドライバーの計測をするモード。同じ人が何回やっても誤差の範囲しか出ないのでドライバーばっかり計測しててもすぐ飽きます。

横方向は測定できません。ヘッドスピードとドップラー効果を利用したボールのスピードを計測しているらしいのですが、ダフろうが、トップしようが、空振りしようが結構飛んだことになっていますw。

ちなみに飽きない理由はこれ。

練習モードが付いています。

練習モードです。真ん中の5という数字は5回目ということです。10回やって先生の採点が表示されます。

で、61ヤード打ってみようとすると、

残念!56ヤードで5ヤード足りませんでした。でも、グリーン半径が10ヤード以内と設定上なっているので、上の方にナイスオン表示が出ます。

このナイスオン表示を出すために打ちまくるわけですね。漠然と練習するより面白いですよ。そのついでにスイングチェックも出来ます。

私は設定で50ヤードから200ヤードまで飛距離指示が出るように設定してます。

で、打ちまくったデータをマイクロSDカードに保存してパソコンで見れます。

ここにマイクロSDを突っ込みます。

PCではこんな画面です。

最大飛距離はまぁまぁなんですが、平均と最小がどのクラブも酷いですね。酷いダフリとかいっぱいありましたから。所詮スコア100のゴルファーですよ。

このGDT-2も大分古いので、今はずいぶんパワーアップしているようです。

最新ゴルフスイングトレーナーGST-7BLEとGST-5Arc

GTS-7BLEは腕時計型のゴルフナビのYG-Bracelet BLEとブルートゥースで相互通信して操作できるそうです。スマホで数値の確認も出来るそうです。私のGST-2とは時代が変わりましたね。

GTS-5Arcはシャフトにセンサーを付けて、スイング軌道やフェース軌跡を確認できるそうです。

両方とも、仮想ラウンド遊びは出来なくなったみたいです。たしかに、横方向の測定が出来ない以上、これは面白くも何ともありません。いらないってユピテルも判断しちゃったんですね。

それにしても凄いですね。私のGST-2は生きた化石状態ですね。今どきマイクロSDって。今はブルートゥースかUSB接続の時代ですからね。

このGSTシリーズで横方向の測定も出来るようになったら最強のスイングトレーナーになりますね。

興味のある方は参考までにユピテルホームページで確認してみてください。練習場に1台もってるとゴルフが凄く楽しくなります。
参照元:https://www.yupiteru.co.jp/products/golf_trainer/

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓