PRGR プロギア 2018 RSフェアウェイウッド 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

200ヤードショットのクラブ探し。スプーンの下が5番アイアンの私はこのくらいの距離が苦手です。今回はプロギアRSフェアウェイウッドの試打をしてきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

プロギア 2018 RSフェアウェイウッドの評価・試打レビュー

今年のRSシリーズはシュッとしててカッコいいですね。

PRGR プロギア 2018 RSフェアウェイウッドの概要

高初速から生まれる驚愕の飛び。ぶっ飛びフェアウェイウッドだ。
・薄肉L CUPマレージングフェースでフェース下部を大きくたわませ、強く弾く。
・Wクラウン設計※1。
・「実打点」(ソールから17mm。アマチュアゴルファーの平均打点)の反発性能をさらに高めた。
・薄肉クラウン、セミディープヘッドの低重心設計。飛びとやさしさを実現。


沢山の新技術が搭載されていますね。

シャフトはDiamana[TM]for PRGR
スムーズなシャフト挙動で、飛びと安定性を実現。

PRGR プロギア 2018 RSフェアウェイウッド 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

私のスペックは身長165体重55、ドライバーヘッドスピード42~43、平均スコア100前後のアマチュアゴルファーです。そこを踏まえてレビューを読んでくださいね。

まずこの2018RSフェアウェイウッド、シャフトがS,SR,Rと3種類用意されています。

プロギアとしてはSはM-43、SRはM-40、RはM-37と言うんですね。普通にS,SR,Rでいいでしょうに。こだわりなんでしょうか。

試打クラブは5W、18度、フレックスSです。シャフト重量は59g、バランスはD1.5、総重量328gとなっています。

色々なクラブを試打してスペックを見ていますが、標準的なスペックですね。

構えた感じはこんな感じ

すっきりした丸形ヘッド。真っ黒なヘッドにフェース後方に段差があってこれが唯一のデザイン性とでも言いましょうか。

シンプルで良いですね。ソールもシンプルでカッコいいです。

好みの問題ですが、あまりメカメカしたクラブは私は好みではありません。

このRSフェアウェイウッドは好感度高いです。

グリップを握ってワッグルした感じはけっこう硬めに感じました。あまりヤワヤワしません。SRにした方がよかったかな。

打感は柔らかめです。パシュって音で中弾道。シッカリボールに当たった感触は伝わります。ボールが上がらないのは私にはシャフトがハードだからかも。ヘッドスピード42台の人はSRを選んだ方がいいかも。SRの試打クラブが無かったのでどうしようもありませんがね。

ミスショットもちゃんとわかります。「あ、芯外した。」って。でもあまり飛距離が変わらないのはさすがですね。

捕まりも良いので、右はあまり怖くありません。私はもともとドロー打ちなので、それもあるかもしれませんが、中弾道でやんわり右に出てやんわり左に帰ってきて結果ど真ん中。それが一番いいショットでした。

飛距離は197ヤード。200ヤードショットのクラブが欲しいからまずまずですね。

シャフトがSRだったらもっと高弾道で、もしかしたらグリーンも狙えるのでは?と夢見てしまいます。

デザイン善し、ヘッド善し、優しく、ミスに強い。

良いフェアウェイウッドでした。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓