Titleist(タイトリスト) TS3フェアウェイウッド 口コミ評価・試打レビュー

200ヤードのクラブ探し。今回はタイトリストのTS3フェアウェイウッドを試打したのでレビューします。

ほとんど同じ内容ですがTS2フェアウェイウッドの試打レビューです。
タイトリストTS2フェアウェイウッド試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

タイトリスト(TITLEIST)TS3フェアウェイウッド口コミ評価・試打レビュー

タイトリストのホームページからTS3フェアウェイウッドの概要を調べてきました。

タイトリスト TS3フェアウェイウッドの概要

タイトリスト スピード シャーシ
ボールスピードを極限まで高めるための最良の技術をすべて講じること。それがスピード プロジェクトを立ち上げたR&Dチームが出した結論でした。過去に縛られず、目新しさにとらわれることもなく“最良”を追究し飛距離アップの基盤、骨格を本気で作りあげる。その挑戦から確立された飛距離アップのプラットフォームこそが“TITLEIST SPEED CHASSIS(タイトリスト スピード シャーシ)”です。スピードを高める技術は一つではなく、タイトリスト独自のテクノロジーがいくつも詰め込まれています。だからこそ想像を超える飛びが生み出せたのです。
すべてはプレーヤーが求めるスピードのために。

Ultra-Thin クラウン
タイトリスト ドライバー・フェアウェイメタル史上、最も薄肉で軽量化されたUltra-Thin クラウンを採用。得られた余剰重量は、低く深い最適な重心設計を可能にし、スピード性能の向上とより高い方向安定性を実現。飛距離性能を向上させます。

ACTIVE RECOIL CHANNEL 3.0
タイトリスト独自の重心調整機能とフェアウェイメタル専用のアクティブ リコイル チャンネル™3.0を搭載。かつてないボールスピードと高い許容性を実現します。

超精密高初速フェース
フェースの広範囲でボールスピードを最大化させるために、TSドライバー・フェアウェイメタルだけの超精密高初速フェースを採用。フェース肉厚をエリア別に設計することでフェースリアクションが最適化し、驚きのボールスピードと許容性を実現します。

TSスピード重心設計
Ultra-Thinクラウンと超精密高初速フェースの採用によって、さらに最適な重心設計が可能に。究極のボールスピードに加え、打ち出し角とバックスピンを最適化させることで、プレーヤーが求めるビッグ・ドライブを実現します。

タイトリスト独自の調整機能SURE FIT® CGウェイトを搭載し、打点と重心を近づけてボールスピードを最大化させると同時に最高の打感を実現するTS3フェアウェイメタル。

スピードシャーシのプラットフォームが生み出すかつてないボールスピードとミスに対する許容性に、タイトリスト独自の重心調整機能とフェアウェイメタル専用のアクティブ リコイル チャンネル™3.0を搭載したTS3フェアウェイメタル。プレーヤーの打点にヘッドの重心を合わせることで、最大級のスピードと、芯で打ち抜く快感を生み出します。

TS3ベネフィット
想像を超える飛距離性能
かつてないボールスピードと高い許容性
重心調整機能によるマルチな弾道
芯で打ち抜く確かな打感

ロフト角:15°/16.5°/18° ※右用のみ ※赤字はカスタムモデル
価格:Titleist Tour AD 60 (SR/S) 本体価格 ¥42,500 + 税
Speeder EVOLUTION V FW60 (S) 本体価格 ¥46,000 + 税

タイトリスト TS3フェアウェイウッドの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

今回試打したクラブは18度、TS3 Tour AD60のフレックスSになります。シャフトがTS2よりハード設定になっています。

TS2の純正扱いはSpeeder519EVOLUTIONでフレックスSで52gだったのに対し、TS3はTourAD60のフレックスSで60gになっています。

165cm、55kg、ドライバーヘッドスピード43m/sの私には少しハードかもしれません。

せっかく弾道調整がついているので一番高弾道仕様に合わせてもらいました。ヘッドの重心位置を調整することによって弾道の高低を合わせられるそうです。

構えた感じはTS2と同等ですね。上から見てクラウンだけで判別できる人は居ないでしょう。

ワッグルした感じはやっぱり重くてハードです。シャフトの6g差はバカにできません。

打感はTS2よりTS3の方が若干機械的な弾き音が高いです。調整機能の影響かと思いますが、そこまで気になる不自然な音ではありません。

十分気持ちのいいレベルです。

実際に打ってみた所、やや低弾道で198ヤードが目いっぱいでした。

やっぱり私にはヘッドスピードが足りないのか、高弾道仕様に調整しても玉が上がりません。

ヘッドスピードが45くらいあれば使いこなせるのではないでしょうか。逆にそのくらいあるゴルファーだと、TS2の純正シャフトだとアンダースペックになりそうです。

非力アベレージ=TS2、パワーヒッター=TS3という感じのラインナップだと思いました。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓