Callaway(キャロウェイ)ROGUE STARユーティリティ 口コミ評価・試打レビュー

180ヤードショットのクラブ探し。今回はキャロウェイの新作、ローグスターのユーティリティを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

キャロウェイ ローグスター ユーティリティ 口コミ評価・試打レビュー

キャロウェイのホームページよりROUGE STARユーティリティの概要を調べてきました。

Callaway ROGUE STAR ユーティリティの概要

2本の柱、JAILBREAKテクノロジーをユーティリティにも搭載
いよいよ、ユーティリティが、JAILBREAKテクノロジーを手に入れました。ROGUE STAR ユーティリティはJAILBREAKテクノロジーを搭載した初のユーティリティです。さらに、ボールスピードを高めるフェースカップテクノロジーも進化しました。ボール初速を最大限に高める2つの最新技術の搭載で、かつてないパワフルなユーティリティが完成しました。

JAILBREAK テクノロジー搭載でユーティリティでも飛距離向上
革新的なJAILBREAKテクノロジーをユーティリティに搭載することに成功しました。2本のJAILBREAKの柱により強固になったボディは、これまで以上にインパクトの衝撃をフェースに蓄積し、ボール初速の向上と更なる飛距離を実現します。

非常に薄いフェースとフェースカップテクノロジーで飛距離向上
カーペンター455スチールは非常に薄く、ボール初速が高められる素材です。さらにフェースカップテクノロジーの効果で、センターヒットでもオフセンターヒットでも更なるボール初速を実現しています。これらのテクノロジーにより、ROGUE STAR ユーティリティは、センターヒットでもオフセンターヒットでも、驚きのボール初速と飛距離を生み出します。

アンダーカット・インナーウェイトテクノロジーで強弾道かつ飛距離向上
ROGUE STAR ユーティリティは、アンダーカット・インナーウェイト テクノロジーが組み込まれています。このテクノロジーは、もともとキャロウェイのアイアンのために開発したもので、重心位置のコントロールに自由度をもたらします。ROGUE STARユーティリティでは、このテクノロジーを搭載することで、前重心、低重心設計を実現。高い打ち出し角と低スピンでより遠くへボールを運んでくれます。

ボーイング社と共同開発したエアロダイナミクス・パッケージ
ボーイング社と協業し、スイング中のヘッドの空気抵抗の軽減にも取り組みました。従来のスピード・ステップの形状を見直すだけでなく、ヘッドのリーディングエッジの形状も見直し、空力性能を更に向上させることに成功。その結果、スイングスピードと飛距離性能の向上が可能となります。

キャロウェイ ROGUE STARユーティリティのスペック

キャロウェイ ローグスターユーティリティ 口コミ評価・試打レビュー

今回試打したクラブは5H 23度 シャフトは SpeederEVOLUTION CW60のSになります。

同時に試打しだフェアウェイウッドもスピーダーエボリューションだったので同じ系統のシャフトでヘッドの違いを体感できるかなと思いそうしました。

シャフト重量は347g、シャフト重量は66gです。

ちょっとシャフトが重いかな?とも思いましたが、ショップ店員曰く、私のドライバーのヘッドスピードは43m/s前後なのでこのくらいの重量が丁度良いようです。

構えてみました。洋ナシ形というのでしょうか。ヘッドの先の方がモコっとしてて捕まりがとてもよさそうな印象です。

なんか引っかかりそうな印象ですね。

ワッグルしてみた感じはわりとしっかりしたシャフトのように感じました。平均的なアマチュアゴルファーならこのシャフトでOKではないでしょうか。

実際に打ってみました。

余計な調整機能が無い分素直な打感です。

フェアウェイウッドは柔らかい打感が印象でしたが、このユーティリティはチン!という音で若干高めの打音でしっかりした弾き感があります。

飛距離は182ヤード、弾道は中弾道、やっぱり左に行きやすいですね。

スライサーにはお助けクラブになりそうです。

カッコいいクラブで所有感も満たされるいいクラブだと思いました。