ブリヂストン2017TourB(ツアーB)JGRフェアウェイウッドの口コミ評価・試打レビュー

200ヤードのクラブ探し。今回は2017年の9月、最近発売されたばかりのブリヂストンゴルフのTourB JGRフェアウェイウッドの試打をしてきたのでレビューします。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)2017モデルTourB(ツアーB)JGRフェアウェイウッド 試打レビュー

ブリヂストンのメーカーホームページより、2017Tour B JGRフェアウェイウッドの概要を調べました。

ブリヂストン 2017TourB JGRフェアウェイウッドの概要

飛距離性能を追求した飛ばせるフェアウェイウッド。

Technologyテクノロジー

BOOST WAVE CROWN
クラウンをウエーブ上にたわませることで、初速と打ち出し角をさらにアップ
・高強度HT1770M薄肉フェース
・WAVE POWER SLIT
・POWER SLIT

JGR FW専用設計FACE
高強度HT1770M薄肉設計フェースとパワースリットの相乗効果で、フェースの反発エリアを拡大。

番手は3番15度、5番18度、7番21度、9番24度と4種類のラインナップがあります。

シャフトは JGRオリジナルTG1-5、AiR Speeder G、Speeder569EVOLUTION4、TOUR AD IZ-5の4種類が選択できます。

ブリヂストン 2017年モデル Tour B JGRフェアウェイウッドの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

試打クラブは3番15度、シャフトはJGRオリジナルTG1-5のフレックスSになります。私が欲しいのは200ヤードなので5番18度を試打したいところでしたが、スプーンしか試打クラブが無かったのでスプーンで試打させてもらいました。

私は身長165cm、体重55kg、ヘッドスピード43位、ドライバー飛距離200~230ヤード位の普通のアベレージゴルファーです。

クラブスペックは308gバランスD2です。グリップを握った印象は、慣れたラバーグリップが安心します。ゴルフプライドのツアーベルベットと似てます。バックラインは無しのタイプです。

クラブは軽くてシャフトも結構しなります。スプーンで308gなので軽めの部類に属しますね。私のドライバーもたしか308gくらいだったように記憶しています。何回か素振りした感じは良い感じです。ドライバーの延長で振ると良い感じっぽいです。

構えた感じはクラウンとフェースの境目が解りやすく、クラウンの模様も相まって狙いは定めやすいです。ちょっとフック目のフェースかな?という気がしました。左向きでつかまり重視のクラブでしょうか。それとも私のアドレスが悪いのでしょうか。それは打ってみて確かめしましょう。

実際に10球くらい打ってみました。まずは打感が柔らかいです。そしてフェースのエリアが広いです。パシュッという打音で手に感触があまり伝わってきません。さらに、ちょっと芯を外してしまってもあまり飛距離が変わりません。ヒール目に当たってしまうと高さが出ないのでさすがに飛距離をロスしますが、それでも180ヤード以上はゆうに飛んでました。

飛距離に関しては、計測値で一番いい数値は218ヤード、ヘッドスピード41.3m/sでした。現在使用しているスプーンはキャロウェイの2014年ビックバーサですが、それよりも安定して飛距離はでています。200ヤード飛ばしたいクラブが欲しい私にとってはこの2017年モデルのJGRの5番ウッドであれば計算上はぴったり200ヤードということになりそうです。

弾道は高目、15度をマットの上から打っても高さは十分に上がりました。ドライバーヘッドスピードが43位の私にはぴったりのシャフトのようです。それ以上のヘッドスピードがある人はSpeeder569か、Tour ADのカスタムシャフトにした方がしっかり打てそうです。

持ち球がストレートの私でも、ドローが多くでましたのでつかまりは良さそうなクラブです。

最近流行のカチャカチャ機能は付いていませんが、その分シンプルに迷わず打てそうです。

良いクラブだなぁと思いました。でも発売されたばかりなので高い。。。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大