ブリヂストン PHYZ(ファイズ)ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

現在使用のドライバー、コブラS2もだいぶ古いモデルになってしまいました。最近のドライバーは良く飛ぶよーという話も聞きますので、ブリヂストンのPHYZ(ファイズ)ドライバーを試打させてもらいましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

ブリヂストン PHYZ(ファイズ)ドライバー 試打レビュー


ブリヂストンのホームページでPHYZ(ファイズ)ドライバーの概要を調べてきました。

ブリヂストン PHYZ(ファイズ)ドライバーの概要

ゴルファー1人ひとりが飛ばせる。
重心アングルとシャフトしなりもどりの最適化を徹底追求。
あなたの飛びを進化させるドライバー。

3ステップで最高のドライバーと出会える。PHYZスマート・フィッティング
1.3球診断 3球のスイングを確認・計測します
2.最適重心 インパクト時のフェースをスクエアに近づけるためにヘッドのつかまりを調整
3.シャフト選定 インパクト時のシャフトしなり戻りを調整し、ヘッドスピードアップを追求
4.試打・決定 アプリの推奨スペックで試打計測

ヘッド構造
NEW POWER SLIT
ヘッド内部にパワースリットを配置。インパクト時のたわみを最大化し、より高弾道を追求。

CLEAR SOUND RIB
ヘッド内部にリブを装置。高くて伸びのある爽快な打球音を追求。

POWER MILLING
PHYZ独自のパワーミーリング設計。バックスピン量の最適化とオフセンターヒット時のサイドスピンを軽減

重心アングル可変
アジャスタブル カートリッジの組合せにより重心アングルを可変。

PHYZ専用シャフト
打感・感触の良さにもこだわった異素材コンポジットシャフト。高い振動減衰性を持つLCP織物エクシーレを効率的に配置し、オフセンターヒット時の打感を改善。
R-MK しなりで加速させヘッドスピードアップ
SR-MK しなり戻りの速さでヘッドスピードアップ
SR-LK インパクト直前の加速でヘッドスピードアップ

ロフト設定は9.5度、10.5度、12度の3種類があります。

ブリヂストン PHYZ(ファイズ)ドライバーの飛距離・口コミ評価・試打レビュー

試打クラブはロフト9.5度、シャフトはSR-MKになります。ドライバーのスペックは重量284gでD2、シャフト重量53g、トルク5.4、中調子になります。

私は165cm、55kg、ヘッドスピード43、スコア90~100のアベレージゴルファーです。上級者のレビューではないのであしからず。

グリップを握ってワッグルした感じは軽いドライバーという印象です。逆にヘッドの重さは感じやすいですね。ヘッドの重さを感じてスイングする人には合うかもです。そしてしなりが大きいです。グニャグニャとまでは言いませんが、上手くタイミングを合わせないと球が暴れそうなイメージです。

構えた印象はクセがなくスッと構えられます。飾りっ気のない黒いクラウンにワンポイントのマーク、シルバーのフェースとクラウンの境目がはっきりしていて構えやすいです。

打感は柔らかいです。弾いているというよりも食いついているという感触です。フェースに球が乗っかってる時間が長い感じです。

飛距離は計測で236ヤードでした。打球はロフト9.5度にしてはしっかりと上がり、ややドローボールでナイスショットが打てました。普段使用のコブラS2では230ヤードがマックス飛距離なので飛距離性能は高そうです。

特筆したいのはミスに対する許容性がとても高いです。上下左右に少しくらい芯を外してもちゃんと飛んでいきます。さらに曲がりません。右に左にとバラついてしまう私の腕前ですが、あまり曲がらず、まっすぐ飛んでいきます。オートマチックで直進性の高いドライバーですね。

あとは、シャフトが合えばピッタリのドライバーになると思いますが、私でも、もう少しシッカリしたシャフトが欲しいなぁと思いました。純正シャフトの場合、ヘッドスピードゆっくり目の人、スインガータイプの人、シニア向けのドライバーですね。

ヘッドの性能は素晴らしいと思いますので、このヘッドにベストなシャフトを探すのも面白いかなとおもいました。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする